医療機関におけるファクタリングについて

subpage1

医療関係債権として、診療報酬債権のファクタリングというものがあり、証券会社や銀行などの当該事業者に債権を譲渡する事で運用資金を調達する事ができます。

社会保険診療報酬支払基金の調査によれば、その件数は増加傾向にあると言います。


割引料率は個々のファクタリング事業者によって異なりますが、回収率が高い債権なので、通常は低めに設定されています。

納得の即日のファクタリングの詳細はこちらで簡単に調べられます。

月利でいうと0.5%程から1%台となっていますが、通常の金融機関と比べれば高めになっていると言えます。

尚、診療報酬債権以外にも、介護報酬債権や調剤報酬債権などにもファクタリング設定が可能となります。診療報酬債権は、不動産担保融資と同様に、全額がファクタリングに回せるわけではありません。



即ち、所謂、掛け目が存在してますが、それも当該事業者によって異なってきます。

実際、社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会に診療報酬の請求をした場合、支払い審査によっては、請求額の減額が生じるケースもあるわけです。要は医療事業者の信用性の問題となるので、個々のケースにおいて取り決めが行われることになります。一般的には掛け目は8割ほどに設定される事が多くなっていますが、場合によっては9割になることもあります。



具体的流れとしては、掛け目が8割の場合は、医療機関はファクタリング事業者から診療報酬の8割を受け取り、残りの2割を診療報酬支払機関の支払い後に受け取る事になります。