診療報酬債権におけるファクタリングとは

subpage1

診療報酬債権のファクタリングとは、証券会社や銀行、ノンバンク等の事業者に診療報酬債権の譲渡を行い、変わって資金調達をすることを言います。
しかし診療報酬債権の全額すべてをファクタリングできるのではなく、不動産担保融資と同じく掛目があります。
これは社会保険診療報酬支払基金、国民健康保険団体連合会に診療報酬の請求をしたとき、支払審査によって、請求額の減額があるケースが起こるからです。

初めてでもわかりやすい、ファクタリング情報のお得な利用法をお教えします。

そのために掛目が制定されていて、個々の審査でも変動したりするのでファクタリングの事業者によって異なるのです。とる引きは事業者が約八割を、医療機関がおおむね二割を受け取り、その取引が繰り返されていくのです。


診療報酬の支払いには最低二ヶ月がかかるので、ファクタリングを導入した場合には、最初は二か月分を一度に手にすることができるのです。



診療報酬債権は回収が確実なので、優良な資産であり、そのため病院の経営が悪化して、万が一銀行から融資が断られた場合にも、この資産を利用して銀行から融資を受けることができるのです。

たとえ税金の滞納や、債務超過があった場合にでも、融資してもらえるのです。
しかしファクタリングは将来の現金を先食いすることであり、これを受けるということは、病院の経営が悪化していることを示すものです。



これを万が一中止する場合には、診療報酬のおおむね二割しか入らない月が発生するので、このとき資金を用意できなければやめることができなくなります。