医療報酬のファクタリングとは

subpage1

ファクタリングとは債権をファクタリング事業者に譲渡することで資金を調達する仕組みのことです。
一般的には債権を現金化するための方法であり、あらゆる債権で行われていますが、そのひとつが医療分野におけるファクタリングです。
医療では健康保険に対応した医療行為であれば、医療費の一部が保険から支払われます。
しかし、すぐに保険料が支払われるわけではなく数ヶ月あとに支払われる仕組みとなっており、その間は債権化することになります。

現在の健康保険では7割から9割が保険料となっているため保険料が支払われる間は病院や診療所には現金が入らないことになり、そのため資金に不安がある場合などには資金繰りを悪化させる原因になります。
その一方で保険料は、ほぼ確実に支払われるものであるため、換金の確実性の高い債権になります。

ファクタリングでは、その債権の支払い期日までの日数と指定された利率によって手数料として金利が徴収されますが、医療分野のファクタリングは民間の会社が発行している債権と異なり回収が確実でありその金利も低めに設定されています。

おすすめのファクタリングの詳細は専用ホームページで紹介しています。

利率としては月利で0.5%から1%後半程になります。


通常の融資と比べるとかなり高い利率になりますが、通常の融資とはことなり審査がはやくいといったメリットがあります。



このため急に大きな資金が必要になったさいに資金を用立てるといったさいに有利です。



なお、取り扱っている業者はさまざまで証券会社や銀行、ノンバンクなどのほかにも専門業者が存在しています。